京都市が進めている木材の「地産地消」です。京都市内の森林及び京都市内の林業事業体が林業生産活動を行う森林で産出された木材を原材料とする製材品,磨丸太及びこれらの加工品を「地域産材」と定義し,これら地域産材のしるしとして「みやこ杣木」マークを表示しています。

杣木(そまぎ)とは・・・杣山(そまやま:材木用の樹木の茂った山)から伐り出した材木という意味です。
日本には、律令時代から”何々杣”の名称をもって呼ばれた地域があり、王宮や都、貴族、社寺等の建築用材の供給地でした。著名な杣の大部分は、中世以前からの都である京都や奈良をほぼ中心として、その周辺の山間部に存在していたと言われており、京都では、桂川上流の「山国杣(庄)」(現右京区京北地域の山国地区、黒田地区)やその枝郷「大布施杣」(現左京区花背)などがよく知られています。
「みやこ杣木」は、京の都の造営にも大きく寄与した、京の杣山の木材を現代の京都市民の皆さんに使っていただきたいという思いが込められています。